やっぱりペケジは女に騙されていた

3度目の冒険で竹林の村に到着。するとペケジが酒場の店主に追い出されていました。あの温厚な店主が(勝手なイメージ)「いいか!二度と来るんじゃねえぞ!」とかなりお怒りの様子。

それに対してペケジは「あら!そこに いらっしゃるのは アーニキじゃあーーりませんか!」と。

あ~嫌な予感するな。というか、ペケジって成人だったんですね。てっきり、17歳くらいかと思っていました。それとも未成年飲酒かな。

いまちょっと気になってWiki調べてきたんですが、「不思議のダンジョン2」ではペケジは18歳だったらしいです。完全に未成年飲酒ですね、今の時代では(笑)

とそんなことはさておき、ペケジは完全にやけ酒状態ですね。お店のこと、女のこと、そしてあげたお金のことを聞くと、

「全部 だまし取られましたよーーーーだ! ハハ ハハハハ。あいつは 悪い女だ! クソッ おれのこと だましやがって・・・」

と笑ったり怒ったり。

ペケジ。仕事もいまいちで女にも騙され、なんだかかわいそう。。話の流れで1発殴ると

「あのパンチは お前のことを これからずっとメンドウみてやるぞっていうアニキの返事なんだ。」

と都合のいい解釈をされてしまいました。なかなか憎めないやつだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする