がけっぷちにまた事件が!?

あの後ナオキのことが気になりもう一つの料理屋「がけっぷち」にいってみました。すると、やっぱりナオキが。

以前、山頂の町まで送り届けたときの行先は、がけっぷちだったんですね。ただ、なぜかすごくもめている様子。

ナオキ「じょうだんじゃない!」「こんなハシタ金で おれに料理を つくれだって?」「このおれを 誰だと思ってんだ!」

ナオキ、怒ってますね。最後のセリフはユッキーナとフジモン元夫婦を思い出します。。。ナオキ、僕が山頂の町まで送り届けたときはお礼も言ってくれなかったのに。

でもまぁ、プロだからね。仕事に見合ったお金を要求するのは当たり前か。さすらいの医師ドクターX(の仲介人)もすごい額請求してくるもんね。

スズコ「さすらいの料理人のウワサは 聞いてます。」「多額の ほうしゅうで 天の味を つくり出すという・・・」「けど 私達はもう あなたに たのむしかないんです。」「あなたが いなくなったら 私達どうしたらいいか・・・。」

トシオ「せめて ぼくが つくる料理を アドバイスするぐらいのことは できないのでしょうか?」

ナオキ「おれは 金にならない仕事は やらねえ。10000ギタンだ。」

あ~、この流れか。ペケジの時のことを思い出す。

というわけで、結局借金を肩代わりすることになりました。ナオキは意外と優しい人で分割はOKとのことでした。(所持金の半分ずつ)しかも利子なし♪

がんばろ~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする